工学院大学 先進工学部 応用化学科
研究と設備

環境保全に向けた分析法の開発

環境分析化学研究室

釜谷 美則 准教授

専門分野: 分析化学

環境分析,簡易分析,放射性セシウム,吸光光度定量,バイオアッセイ,ミジンコ

研究室の概要

 本研究室は、分析化学の開発やその応用を中心とした研究を行っています。その主な研究内容には、セシウムの粘土物質類への吸着挙動の研究や無機態ヒ素、硝酸イオン、亜硝酸イオン、さらに非イオン界面活性剤などの簡易分析法の開発を行っています。さらに、廃水などの毒性試験を行うため、ミジンコを用いた新規の毒性評価法について研究しています。

研究テーマ

粘土物質類へのセシウムの吸着挙動

 放射性セシウムを含む残土などがかなりの量保管されています。これらの保管量を削減するための、簡易で尚且つ低コストな処理法について研究しています。さらに、粘土物質へのセシウムの吸着に関して、教員や教職を目指す学生向けのデモ用の実験方法の開発をを東京学芸大、産総研との共同研究の一環として実施しています。さらに、セシウムの分離濃縮法や定量法について様々な方法で調べています。

無機陰イオン、非イオン界面活性剤の簡易分析法の開発

 無機態窒素は、水耕栽培における養液として利用されており、野菜等にどの程度含まれているか。また、東南アジアなどで飲み水による健康被害が問題となっている無機体ヒ素の定量法が求められています。このため、これらの物質を現場で測定できるような簡易分析法の開発を行っています。さらに、近年その使用量が増加している非イオン界面活性剤の簡易分析法を当研究室で独自に開発した手法を用いて検討しています。

ミジンコを用いた毒性評価法の開発

 環境汚染物質の生態系への影響を把握するには、化学物質の定量値だけで判断することができません。このため、環境中に生息するミジンコを用いた毒性評価がなされています。本研究では、蛍光ビーズなどを用いて、ミジンコ腸内への取り込み量から毒性評価を実施しています。

研究支援・社会貢献活動

 現在、民間企業の依頼による磁気処理水の水質評価の検討を行なっています。

 また、これまで八王子の環境学習グループと連携して湧水の水質分析などを行ってきています。

研究設備

 分光光度計、分光蛍光光度計、イオンクロマトグラフ、液体クロマトグラフ、ATPアナライザー