工学院大学 先進工学部 応用化学科
研究と設備

社会に役立つ機能性高分子の開発

機能性高分子研究室

伊藤 雄三 教授

専門分野: 機能性高分子 分子分光

川井 忠智 准教授

専門分野: 高分子反応 分子特性解析

高分子化学,分子構造解析,高熱伝導材料,水素エネルギー,組成傾斜材料

研究室の概要

 高分子は,様々な特性を持ち、その特性によって現代社会では不可欠な材料となっています。この高分子の分野で、新しい機能を持つ材料を開発し、機能発現のメカニズムを分子レベルから解明しています。今後も新しい機能を持った材料を開発し、その機能の発現メカニズムを理論的・実験的に解明します。

研究テーマ

分子構造制御による高熱伝導性と電気絶縁性の両立

 高い熱伝導性と電気絶縁性の両立は極めて困難であるが、厳密な分子構造の設計とナノレベルでの分子配列の制御より、これらを両立する優れた高分子材料の開発を行っています。ナノレベルでの構造制御により、高機能性デバイスへの応用が期待されます。

高圧水素下におけるゴム材料の特性と構造解析

水素は次世代クリーンエネルギーとして期待されていますが、高圧水素ガスは材料を劣化させることが分かってきました。分光学的手法を用い、ナノレベルでのゴム材料の高次構造変化と劣化の関係を解明しています。

リビングラジカル重合による組成傾斜材料の創成と分子特性解析

 高分子鎖の化学組成を変化させていく組成傾斜材料は、従来にない機能性を発現することが期待されます。この様な高分子を合成し、構造と機能性の関係を解明しています。

研究支援・社会貢献活動

分光法による高分子材料の高次構造解析と物性評価

研究設備

FT-IR、顕微ラマン分光計、FT-NMR、GPC、HPLC