工学院大学 先進工学部 応用化学科
研究と設備

高機能性ナノマテリアルの創製

無機表面化学研究室

阿相 英孝 准教授

専門分野: 電気化学 材料化学 ナノマイクロ科学

橋本 英樹 助教

専門分野: 固体化学 無機材料化学

表面化学,電気化学,固体化学,無機合成,アノード酸化,ナノ・マイクロ構造体

研究室の概要

 我々の生活を支える製品に使われている機能材料には、微小領域での構造制御が要求されます。材料の諸特性を制御するために、表面の制御は重要な課題です。本研究室では、固体表面のナノ・マイクロスケールの構造を制御・解析し、高度な機能表面を創製するための基礎・応用研究に取り組んでいます。

研究テーマ

ポーラス型アノード酸化皮膜の作製・構造解析・応用

金属を陽極にして酸性またはアルカリ性の溶液中で通電する(アノード酸化)と金属表面にナノポアを有する酸化物薄膜が形成されます。このような電気化学的手法を用いて機能性酸化物材料を開発しています。

半導体のナノ・マイクロファブリケーション

 未来のエレクトロニクス分野を支える新しい微細加工技術を開発しています。簡便で大面積に加工が可能なウェットプロセスを用いて,ナノスケールマイクロスケールで物質の構造を自在に制御します。

自然と歴史材料に学ぶ材料設計

バイオミネラリゼーションにヒントを得て新しい機能性金属酸化物を開発しています。また歴史的伝統材料に隠されたナノテクノロジーを用いて材料設計を行っています。

研究支援・社会貢献活動

金属材料の表面改質,半導体材料の微細加工,機能性酸化物材料の開発,金属酸化物の構造解析

研究設備

電界放射型走査型電子顕微鏡(FE-SEM),グロー放電発光分析装置(GD-OES),集束イオンビーム加工装置(FIB),反射型偏光顕微鏡,分光測色計など。