工学院大学 先進工学部 応用化学科
研究と設備

これからの社会を支えるナノの世界これからの社会を支えるナノの世界

無機表面化学研究室

阿相英孝 准教授/橋本英樹 助教

ナノテクで
世界最先端の
機能表面を
創り出す

家電や身の回りの生活用品から、乗り物、エネルギーに至るまで、さまざまな分野に最先端の表面処理技術が活用されています。それらに使われている機能材料には、諸特性を制御するためにも微小領域での構造制御が要求されます。本研究室では、固体表面のナノ・マイクロスケールの構造を、無機化学、電気化学、表面化学から制御・解析し、より高度な機能表面を創製するための基礎と応用技術の確立をめざし研究に取り組んでいます。

電気化学反応による金属表面の機能化電気化学反応による金属表面の機能化

アルミニウムを陽極として酸性水溶液に浸漬し電気分解を行うことで、アルミニウム表面にナノメートルサイズの孔を持つ酸化皮膜が形成されます。「アルマイト処理」と呼ばれるこの技術は日本で発明されました。

多孔質のアルミナ皮膜

地球環境に優しいエコカーには軽金属材料としてアルミニウムが、ボディやホイールだけでなくエンジン部品にも使われており、アルマイト処理で、高耐摩耗、高硬度に加え、さまざまな要求に応じた表面特性を付与しています。

ナノスケールの蜂の巣構造

アルマイト処理で、軽いのに、丈夫で安心な低燃費車を実現!

これからの
社会を支える
ナノの世界

情報化社会の未来を支える機能材料。さまざまな固体表面の特性を利用した機能化には高密度化が求められ、表面の微細な領域でのナノテクノロジーによる反応の制御の重要性は増しています。

三角柱状半導体の配列

針状半導体の規則配列

研究から、こんな未来が実現するかも!

  • 表面処理を極め、超低燃費車が世界中を走り回る
  • 電子機器の小型・軽量化でウェアラブル端末がもっと身近に
  • エネルギーや医療にも貢献する夢の材料を開発